じょっぴんかったか

昭和の中頃から電気炊飯器があるので「ちゃんとかましてから うるかさなかったっけ めっこになったべさ。」ということは少なくなったのかもしれません。あずましき国を探検してみればこれまた「たいしていっしょや。」と思えてしまいます。

義務。

そば切り さか田
札幌市北区十三条西4-2

年末調整の季節です。守銭奴いやいや強欲というほどでもないとは思っているのですが・・・どうしておなかが減るのかな、どうしてこんなに税金が引かれるのかな、日本国民の義務の一つだとはいえ世知辛い世の中になったものです。「トーゴーサンピン」の「トー」の一角に棲んでいる限り仕方ないんだけれどね。( ̄ー ̄;

たいした勉強しなかったので今があるわけですが、ホッカイドーの最高学府の向かいでこの蕎麦を手繰れば勉強になるな。太さ、食感、締め具合、こんな蕎麦打てたらいいなぁ。たまにゃ、色んな創意工夫の末、のめり込みすぎて結果ドボンしたメニューに出会うこともあるんだけれど、つけ汁も良くって、甘辛い汁に鶏肉、天カス、小エビ、ふんわり卵。1+1が「3」になる場合だってあるんだということです。

できるお店は違う。

できないサラリーマンは、誰か、あるいは何かのせいだと不平不満を言うものです。

そんな時は「花が咲こうと咲くまいと、生きていることが花なんだ」と思うのがよろし。

できないサラリーマンは余計なことを考えず、納税の義務を果たす事にします。(笑)