読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じょっぴんかったか

昭和の中頃から電気炊飯器があるので「ちゃんとかましてから うるかさなかったっけ めっこになったべさ。」ということは少なくなったのかもしれません。あずましき国を探検してみればこれまた「たいしていっしょや。」と思えてしまいます。

願。

そば処 山三 大山
札幌市東区本町2条3丁目3-15

主の陽気さと元気の良さが光る店内です。寒さがホンバンに向け一歩一歩突き進む寒風のなかカレー注入

昼は人気者。おやおや、他のテーブルでまたもや、「十割」信者の薀蓄。ホホォ〜

大将のように元気に跳ね返ってくる食感の蕎麦と具材の野菜。(笑)

足腰の筋力と同時に咀嚼力も鍛える必要ありっす。(笑)

「十割」には十割の良さがある。「二八」には二八の良さがある。「更科」だって旨いのです。他者を否定することで、立ち位置を確かめ・・・(アラ、ボクの会社にもいる)ようなことはしないで、おおらかに受け止めそれぞれの蕎麦の良さを楽しんでほしいのです。ささやかな願いです。