じょっぴんかったか

昭和の中頃から電気炊飯器があるので「ちゃんとかましてから うるかさなかったっけ めっこになったべさ。」ということは少なくなったのかもしれません。あずましき国を探検してみればこれまた「たいしていっしょや。」と思えてしまいます。

フライング。

そば処 蔵亭
札幌市厚別区厚別西4条4丁目7-13

11月も末となりゃ、恒例の"流行語"「ンダメヨ〜ンダメダメ」"記者会見"「〇☓細胞はあり・・・」「ウェーン・・・」と泣くおじさん、どれを見ても韓国のガールズグループ風の"流行曲"が画面をにぎわすわけですが、まだ終わっちゃいないので、それなりに翻弄される毎日です。

それは其れとして、サラリーマンですから、どんなことだろうと迫りくる業務内容を不遇とは思わず飲み込まれてやろうじゃないかといった気概もあったっていいのです。

飲んでやろうと、フライング気味でカレー南。
非凡さを求める御貴兄も多々いらっしゃるのかとも思います。がしかし、いい意味でどうってことのない甘辛いカレーの大海原の中から持ち上げた蕎麦が、「私は蕎麦である。」と胸を張っているような食感と味を確かめることで、「おおっ!やるな。」とココロで呟き、完汁してあげるあたりが作法というものです。

最近じゃ、自己PRなのかパフォーマンスなのか知りませんが、やたら「あーツカレタ。」「オレガ、〇〇・・・」が目障りです。

好ましいのは、舌足らずで鼻にかかった声の合唱ともいえるAKBのオネイチャンたちの歌であり、かわいらしい御嬢さんたちに歌と踊りを覚えさせ目立ちたいという欲望を商業ベースに乗せ、一般消費者にウケがいいように仕掛けたオッサンはたいしたもんなんだと思う次第です。

コジハル・・・・。

蕎麦に「♪フライング・ゲット」!

広告を非表示にする