じょっぴんかったか

昭和の中頃から電気炊飯器があるので「ちゃんとかましてから うるかさなかったっけ めっこになったべさ。」ということは少なくなったのかもしれません。あずましき国を探検してみればこれまた「たいしていっしょや。」と思えてしまいます。

ツッコミ。

シャカリキ
札幌市豊平区豊平4条6丁目1-18

田舎の人は自分の住んでいる街のことを自虐的に良く言わないものです。でも他人から悪く言われるとカチンと来るものです。だからと言って、それなりにノリ、ツッコミの掛け合いも大切なコミュニケーションだと思ってはいます。
昨今のアンちゃんたちは、観察力が鋭いのか、それがシニカルな笑いなのだと勘違いしているようで。いい加減面倒くさいんです。きっと、ツッコミどころを見出し、それを指摘することで、自分が上位に立ったと勘違いしている趣もあるんでしょうね。それじゃ、先般、完膚なきまでに論破してあげたへっぽこクレーマーと変わらないんでないの?(笑)天は人の上に人を作らず・・・、そんな、がんばらなくてもみんなおんなじだから。

そんなわけで、いつもとちょいと違うトッピングが登場したようなので、ラーメンです。

エリアシリベシの天らーに垣間見られるように汁ものにテンカスは合うんです。ただあうっていうわけでなくって、小手先にこだわり自爆する一杯も中にはありますが、ベースがしっかりしていなけりゃ危険な技かも知れない、生きてこない。
最初はサクッ、カリッ、次第に汁が沁み込んでクタクタっとじゅるっ。
おまけに、この辛揚げ。少しずつ辛みが溶け出して・・・旨みに、ツンとすっきり感が浸透していくので味の変わる様がこれまた旨し。

いろんなことがありますが、決して偉いニンゲンになる必要はないんです。素直に「辛揚げ」とコールしてみましょ。
旨くてスキッとするから。