じょっぴんかったか

昭和の中頃から電気炊飯器があるので「ちゃんとかましてから うるかさなかったっけ めっこになったべさ。」ということは少なくなったのかもしれません。あずましき国を探検してみればこれまた「たいしていっしょや。」と思えてしまいます。

昂揚。

らーめん優月
札幌市東区北26条東1-2-25 ノース26 1F

思い立ったが数年ぶりで、フィットネスクラブで少しカラダを動かしてみるのです。時のうつろいというほどでもないのでしょうが、同じ場所でも客層の変化は如何ともしがたいようで、開店直後は、老人と有閑マダムのサロンと化しており、有閑マダムはかなわぬ美への欲求があるんだろうとしても、総合病院の受付で「最近あの人見ないね、どこか悪いんじゃないの?」と屯するのが似合いそうで、散歩程度がちょうど良くって、基本的にマシンやら何やらで運動してはいけないんじゃなかろうかと思う面々。お目当ては、ストレッチ的なスタジオプログラム。ならいいか。でもって、其のあとは、自分と同じくそれなりに太った人、残念な体形。いわゆる運動音痴的面々がわんさか集うボディコンバット?やっぱり、あの体形じゃノリきれない、脚がついて行かない。自分の姿を見ているようです。(笑)

そんなわけで、ラー一杯分以上のカロリー消費を果たしたのでラーメンです。

他意はないんですが、この道を北へ向かってミソラーもいいかな・・・とボーッと車を流すと、左側に停めずらいPの有ったラーメン屋さんのところにまたラーメン屋さんがあったので、お初に入ってみれば、おおっ!鍋を振るう音とかぐわしい香りにいやがおうにも気分は昂揚するってものです。

ムラナカの味トリビュートのような一品でした。ちょいと甘目だけれど、それはそれでありかもしれません。
いろんな能書きが書かれたメニューを拝見しましたが、「塩ラー」うまそうだったなぁ。
昂揚した気分とは裏腹にオペレーションには苦慮されているようです。ハラハラです。大きなお世話でした。すみません。