読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じょっぴんかったか

昭和の中頃から電気炊飯器があるので「ちゃんとかましてから うるかさなかったっけ めっこになったべさ。」ということは少なくなったのかもしれません。あずましき国を探検してみればこれまた「たいしていっしょや。」と思えてしまいます。

いぇ。


小桜
札幌市東区北13条東7-5-20 ツインクル137 1F

それなりに蕎麦粉も触るので、なんとな〜く製法を想像したりして向き合うのも無粋なんだと思います。

ちゅるんとした麺には甘目の汁。この系譜は、これがいい。


蕎麦の香りが強い粉。全粒粉。つなぎ多め。手揉み。


ある意味、驕りはいけないけれど完成している。
ゲージツのような細切りで加水の少ない蕎麦切りを、辛めのつゆで食すのもよし。

あれも蕎麦、これも蕎麦。いいわ。

空気を読めない輩とお酒を・・・
彼と同じ年頃、自分も同じように気負って驕りがあったのかな・・・。

忘れましょ。

どこが到達点かわかりませんが、重いドアがピシッと閉まればいい感じの蕎麦屋さんだと思います。

次回、蕎麦打つ時、この蕎麦再現してみるかな。

できるかな?できねえんだろうな