じょっぴんかったか

昭和の中頃から電気炊飯器があるので「ちゃんとかましてから うるかさなかったっけ めっこになったべさ。」ということは少なくなったのかもしれません。あずましき国を探検してみればこれまた「たいしていっしょや。」と思えてしまいます。

迫。

あくでく
札幌市豊平区平岸3条13-7-12 第2立花ハイツ 1F

悩み多き日々ですが、過ぎてしまえばなんてことないことに変換するのは世の常で、サラッと忘れることにして、湿度が高い店内でポールポジションをゲットして、グップラー刃牙のデビュー戦を眺めるのも、乙なもんです。人に歴史あり、この地にも歴史あり。栄枯盛衰は世の習い。老舗のメジャーな山小屋ラーの並びで頑張っちゃっているんです。そんなわけで、先日焼き鳥をつまんだりした界隈でラーメンです。

本場の喜多方ラーメンは知らないけれど、口に運べばググッと迫って来る醤油味。イイネ!(^〜^)

みんないろんな思いがあるんだね。だからと言って、誰かを貶めて満足している風に見えちゃうんだなこれが、その向こうにある周辺の環境の変化だったり、根っこの部分を客観的に見てあげる努力をしてほしいものです。他者を排除するのはカンタンです。でも、いずれは何かの理由で排除される側になることだってある。人の口に戸を立てることはできないんだから。

迫りくる、アンチャンの主張。なかなか、同じ地平には立てない。いやいや、立ってはいけない。(-。−;)

全く関係ありませんが、面倒くさい宴会のお供にはラーサラが必要です。(笑)