じょっぴんかったか

昭和の中頃から電気炊飯器があるので「ちゃんとかましてから うるかさなかったっけ めっこになったべさ。」ということは少なくなったのかもしれません。あずましき国を探検してみればこれまた「たいしていっしょや。」と思えてしまいます。

潜。

瀞台(馬追山)272.8m

途中の吹雪が嘘のように晴れてしまうあたりが、普段の行いのなせる技です。ポリタンクやダンボールに入ったペットボトル満載のソリで登場するオジサンオバサン。そんな方々を横目にちょいとお散歩がてらに歩いてみましたとさ。

本当は直立して見える世界は自衛隊のフェンスの網目模様の向こうの景色。小動物がベンチに立ちしかも手を伸ばしてやっと届いた空知平野の景色でございます。

山というよりも丘で、「ウォーキング」+アップダウントッピングですが、それなりに変化もあって良さげな感じです。3月くらいの雪が締まった頃もう一度来ようかな。ももちろん、小動物ですからトンネルは苦も無く潜れます。(笑)

上り50分下り40分。お気楽。

帰りにペットボトル(500ml)×1本の水を分けてもらいましたが、ちゃーんと100円寄付してきたからね。

*地元有志の方が維持管理しているそうです。感謝。