じょっぴんかったか

昭和の中頃から電気炊飯器があるので「ちゃんとかましてから うるかさなかったっけ めっこになったべさ。」ということは少なくなったのかもしれません。あずましき国を探検してみればこれまた「たいしていっしょや。」と思えてしまいます。

対峙。

大鵬
夕張郡栗山町桜丘1丁目28-34

山歩き・温泉とくれば、締めはラーメンしか選択肢はありません。(笑)伝票はありません商取引は口頭でオーダーした瞬間に成立しているのです。会計時、父さんが完つゆした丼を一瞥して、提供品を間違えない(一体どう見分けているんだろう)あたりもさすが、昭和の大横綱を屋号としている証なのかもしれません。

あまり火が通っていないと感じる御貴兄もいらっしゃるかもしれませんが、そうきたら、すかさず天地返し。しばしデフォを味わった後はネギみそ(生)ガーリックチューンラーメン。

どう対峙しようと、この地に根を張り揺るがない足腰の強さ。ハフハフ、ズルズルッと昭和のラーメンは、箸がそこに留まることなく完つゆさせてくれるんです。

さすが横綱の旨さにはかなわないんです。