じょっぴんかったか

昭和の中頃から電気炊飯器があるので「ちゃんとかましてから うるかさなかったっけ めっこになったべさ。」ということは少なくなったのかもしれません。あずましき国を探検してみればこれまた「たいしていっしょや。」と思えてしまいます。

況んや。

らぁ麺屋 飯田商店
札幌大丸デパート催事場

休日と言えば、環状線の外側でほぼ生活が成り立つので、こんなに人がたくさんいる場所に行かないのです。お恥ずかしいことに、この辺の交差点は歩車分離とやらで、進行方向の信号が青でも歩行者用の信号は赤で、たいした気にも留めないで歩こうとしたら、警備員のお兄ちゃんに「歩けませんよ。」と叱られる始末。あぶねえったらありゃしねえ。(;´▽`A``

こっちからいかなくっても、向こうからやってくるラーメンです。札幌って街は恵まれているというのか、バイヤーさんの力技がいいというのか、それに見合うマーケットがあるということなんでしょうね。

ラーメンの多くを語れば墓穴を掘ること必至なのですが、このスープにこの麺。当たり前だけれどばっちり。

レジの前で、オネイチャンに勧められるままに、トッピングチャーシュー プラス。良かったです。

これで無化調なんだってんだから、旨いねぇ。1月12日(本日)までだからお早めに。こんなラーメンが身近にあると嬉しいです。

もう少し街の楽しみ方を覚えたほうが、況や歩き方から。!?イノチあってのラーメンですから。(笑)