読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じょっぴんかったか

昭和の中頃から電気炊飯器があるので「ちゃんとかましてから うるかさなかったっけ めっこになったべさ。」ということは少なくなったのかもしれません。あずましき国を探検してみればこれまた「たいしていっしょや。」と思えてしまいます。

堪能。

貴州屋
札幌市北区あいの里4条4-10-16

温泉は血行が良くなり、脳も活性化するようで、少し水分と塩分を放出した後のサプリメント注入にはニンニクが欠かせないだろうと勝手な思いを、海馬のエンドルフィンやらシナプスやらが行動に移すよう指令したんだからしかたない。
途中横に目をやると一体この住宅街はどうなっているのか、雪の壁でできた回廊。交差点からクルマのアタマを出すスリリングな展開。凄いです。あいの里住民の安全を祈る次第です。

ただでさえ、ニンニク臭漂う一杯に、食べ進みつつ、カウンターに置かれたおろしニンニクを投入。味わいの変化を・・・(笑)

焼き味噌、ひき肉、絶妙な火あてのモヤシ。二種類の刻み葱。おいしーチャーシュー。麺の茹で加減もスキ。

おしむらくは、休みの日でないと、このワイルドなニンニク堪能技は行動に移せないと思うんです。風邪ひきの週末も意外とゲンキなのかもしれません。旨かったです。

さっさと寝よ。