読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じょっぴんかったか

昭和の中頃から電気炊飯器があるので「ちゃんとかましてから うるかさなかったっけ めっこになったべさ。」ということは少なくなったのかもしれません。あずましき国を探検してみればこれまた「たいしていっしょや。」と思えてしまいます。

寒。

手打そば むそう庵
札幌市豊平区月寒東3条6丁目6-17 佐藤ビル

昨日は寒かった。道内じゃ-30℃になったところもあったようで、生まれた場所はせいぜい-20〜-25℃くらいにしかならないですから、その辺の領域になると経験がありませんので、濡らしたタオルを持って是非体感したいものです。
(-20℃くらいの環境で外にある五右衛門風呂(もちろん屋根・壁はありますが)やら通学時のダイヤモンドダストやら、サバイバルゲームの如き少年時代だったと思います。)

この街の最低気温といったって、-10℃程度でしょうから、余裕、余裕。たいしたことはないのです。でも寒いものは寒いので、カレーそば。

どちらかというと、スクナメですが和風のカレーってこんな味。甘すぎもなくしょっぱ過ぎもなく、香辛料が強すぎもなく、いい落としどころなんでないのかな。

嬉しいのは、優しい笑顔の母さんが「よろしかったらこれお使いください。洋服よごさないように。」と差し出してくれたタオル。(#⌒∇⌒#)ゞあまたのカレーそば、カレーうどんカレーラーメンとの格闘に敗れ叱られているのを見透かされているようです。(笑)
こんなオモテナシこそユネスコ登録された「和食」の一部なんだろうと思います。

寒い日には、あったかい料理と人の温もり。嬉しいものです。