読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じょっぴんかったか

昭和の中頃から電気炊飯器があるので「ちゃんとかましてから うるかさなかったっけ めっこになったべさ。」ということは少なくなったのかもしれません。あずましき国を探検してみればこれまた「たいしていっしょや。」と思えてしまいます。

ジムニー 〜其の十七〜

自動車部

After

ナンバープレート移動

純正バンパーじゃないもんですから、最初から左下に取り付けてあり申した。
スペアタイヤは着けていない(パンクしない!?いやいや、ちゃんとスプレー式の修理剤は買いました。)もので、ボルトが気になったので、いつかは真ん中に・・・

ホムセンで長めのステー×1と、短めの曲がったステー×2。ゴムパッキン×8個。ボルト・ワッシャー・ナット。で取り付け。ボディーに穴あけしなくっても、まあまあおさまり良く取り付けできましたとさ。

Before

全部で1,000円くらいかな。
勿論。ナンバーライトもちゃんと光るんです。


イメージ的には
?長いステーをゴムパッキン挟んで車体に取り付け。
?ボルト頭が干渉するので、ちょいとまがっているステー(3穴)の真ん中の穴を?に取り付け。
?上の方にナンバーライト。
?下の穴に、ナンバープレート。
って感じです。

こんなことする人は、大体わかりそうなもんで、?のところで、真ん中の穴を下地になるステーに留めるのがミソで上のナンバーライトの穴とナンバープレートの穴の位置が多少違っても調整が利く。閑でクルマ弄りが好きな人なら、「あは〜ん。あたりまえじゃない。」って感じでしょう。(笑)