読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じょっぴんかったか

昭和の中頃から電気炊飯器があるので「ちゃんとかましてから うるかさなかったっけ めっこになったべさ。」ということは少なくなったのかもしれません。あずましき国を探検してみればこれまた「たいしていっしょや。」と思えてしまいます。

しょくぶつずかん。

山岳部

藻岩山 531m もいわ山スキー場コース

このすり鉢状の「兎平」(うさぎだいら)を見れば、あんときゃ生きた心地がしなかった。雪の少ないところで小動物として生を受け、ゲレンデデビュー戦で連れてこられた因縁の場所。?堯?( ̄0 ̄;ノ
連れて行ってくれた、あの人どうしているかな。

そんなことはさておき、一人で歩いていると、振り返れば昔の山ガールや、お孫さんに「もう少しだからね。」と道程の1/3程度で嘘をつき騙す老人。(笑)(まだしばらくあるよとボンズの横でささやいてやりました。です。)たちが、ことごとく道を譲ってくれる。たいした早歩きでもないんだけれどなぁ。と、気を取り直し、のんびり藻岩山の植物観察。

勿論、色濃い桜色。

ラーメン屋さんの名前や旨さ。お酒の名前。AKBやらSKEのオネイチャンの名前を覚えるのも悪いこたぁないけれど、木の名前、花の名前もたくさん覚えたいものです。

何でもゆっくりがいいんです。