じょっぴんかったか

昭和の中頃から電気炊飯器があるので「ちゃんとかましてから うるかさなかったっけ めっこになったべさ。」ということは少なくなったのかもしれません。あずましき国を探検してみればこれまた「たいしていっしょや。」と思えてしまいます。

形容。

ラーメン山岡家 東雁来店
札幌市東区東雁来7条1丁目4番19号

「限定」の二文字に弱いんです。濃香えび醤油らーめん。
どうやら、麺も違うみたいで、プツプツ・プリプリッ、モチッとしていたりしているところも良かったです。脂多めにしてもらっちゃったりしたんですが、この麺にえび香る醤油味がまとわりついて、うめーなぁ。

ラーメン一杯食べられる程度のサービス券が手元にありますが、今一つ、ツウぶったチューンの申告ができないわけで、耳をそばだてると「多め・濃いめ・柔めで!」と、さりげなく、仮面ライダーショーに出てくる悪女系キャラの風貌のホール係の女性に伝えると、十分通じるようです。
そうか。
「脂」は、多め・ふつう・少なめ
「味」は、濃いめ・ふつう・薄め
「麺」は、硬め・ふつう・柔め
求める様態を伝える時に形容するコトバはかぶっていないので主語が無くっても通じるんだわ。「多め・濃いめ・硬め」っておまじないを呟いてみようかな。

今日も、山岡家さんの限定にやられました。ホントーに美味しかった。