読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じょっぴんかったか

昭和の中頃から電気炊飯器があるので「ちゃんとかましてから うるかさなかったっけ めっこになったべさ。」ということは少なくなったのかもしれません。あずましき国を探検してみればこれまた「たいしていっしょや。」と思えてしまいます。

導く。


疲れ解消法 ブログネタ:疲れ解消法 参加中


札幌市白石区本郷通8北8-1 クリオ本郷通壱番館 1F

何なんだかね。係数をこねくり回して頑張って資料作ろうとしている。したから、見方によれば完結したデータがそこにあるんでないの。
機械は間違えない。人間は間違える。でも、その機械のシステムを構築したのは人間だから、必ず不備がある。得てして過去の延長線上に現在があり、未来へと続くという錯覚を持っているのが人間で、そのデータベースが物語ることを読み取ろうと必死なんで、その中に、利己的なある種の結論を導き出したい。でもって、安心したい。愚かなもんですなぁ。

そんなに頑張ったって、何が起きるかわかりゃしないってーの。タダのパフォーマンス。(笑)

何が起きるかわかって潜る暖簾です。

これはこれで完結した一杯かもしれません。有名店にラーメン好きはたまたラヲタと呼ばれる面々が集う場ではなく、お近くの現場で働くオトコ。ご近所の老夫婦。商店街の旦那。そんな方々に支えられる日常こそありがたい空間なんだろうと思うのです。

なんだか、休んで遊んでばっかりいるので疲れました。
願わくば、もちょこしガツンとニンニクマシなら疲れも解消したかもしれません。

したから、「トーキョーと違うんだから、同じ係数を見たところで間違った結論にたどり着くんでないの。」と言えない出先のサラリーマン。

でも、この一杯はこの一杯。「似ている」ということは「違う」ってことで、違ったっていいじゃない。同じだったら、同じ暖簾を掲げた出先になっちまう。画一化した思考で見つめないで、違う一杯を、「違った旨さでなのであーる。」という結論を導きだしたいものです。