じょっぴんかったか

昭和の中頃から電気炊飯器があるので「ちゃんとかましてから うるかさなかったっけ めっこになったべさ。」ということは少なくなったのかもしれません。あずましき国を探検してみればこれまた「たいしていっしょや。」と思えてしまいます。

技。


今の悩みごと ブログネタ:今の悩みごと 参加中

そば きらり
札幌市手稲区新発寒4条3丁目13-8

多かれ少なかれ劣等感と云うやつは誰しも抱いているものだと思うのです。たとえば、小動物であること、頭脳の回転の速さが人並み以下だったり、走るのが遅かったり・・・そんなことを考え出すと、満たされない欲求の隙間に、炭水化物、大盛り、糖質を多量に摂取したくなるものです。(フダンノワタクシ!?(笑))
そういうことでなくって、オンナ同士の激しいバトルに巻き込まれるの巻でございまして。訴状めいたものまで、会社の備品(PC&ペーパー)を使用して作成しながらも、気にいらない方を排除したいがため、「業務以外の・・・」とのたまう始末で・・・おまけに先日は、「ホスピタリティーを以てシゴトに・・・」と語った方なものですから、コトバの意味を知らずに吐いた言葉ならまだしも、知っていて自己矛盾に気づかず、いやいや気づいていてやっているなら、他人を攻撃して己の欲求を満たしたいという切迫された精神状態に追い込まれている。
マジ病気なのかもしれません。

今生きながらえている、生命体としての個体は神様か仏様のなせる技なのかわかりませんが、「あまたの天災、疫病を乗り越えた遺伝子の末裔」なんだということは、間違いないわけで、偶然か必然か「今の時代に、そこそこ適応している」ということは言えるんだと思います。
「劣等感」が作り出す複雑な人間関係。神様か仏様のなせる技?これも必然なんでしょうかね。

サラッと「めんどうくせえんです。」と言ってしまいたい時もあるので、サラッと蕎麦です。

いい食感と香りの蕎麦です。とろろゴハンのナガイモが、お行儀悪い箸の使い方しかできないおっさんの口の周りに接触すると、ちょい痒くなるあたりもいい感じでした。
旨くて、安い。お得なセットもので満たされるのです。

好むと好まざると、身の回りの複雑なモンダイが降りかかる。
ナイショですが、「そったらこと言ったところで、あんたに人事権もなけりゃ、他者を排除することもできない。変えられないこともあるんだから。世の中には自分じゃどうしようもできないことがあるんだから。自分でストレス作り出して、般若の如き人相で、毎年1号ずつ大きくなるような制服が必要な自分を鏡で見つめ、10のうち8満たされたらイインデない?」と言ってやりたい夜です。(もちろん、ハラスメントになるので言いませんが。)

そんな思いに苛まれ、糖質・炭水化物を欲する夜なのです。まだ、ボクの遺伝子は自己防衛のための技を失っていないようで、昼時のチョイスはいい感じです。(笑)巻き込まれたくないなぁ。