じょっぴんかったか

昭和の中頃から電気炊飯器があるので「ちゃんとかましてから うるかさなかったっけ めっこになったべさ。」ということは少なくなったのかもしれません。あずましき国を探検してみればこれまた「たいしていっしょや。」と思えてしまいます。

流。

ささや食堂
岩内郡岩内町字万代18-8

たまにはテッパンの「天ラー」を外して、「カレー?基本蕎麦屋だべさ?・・・」にしてみようかとカナ交じりのメニューを閲覧、思案していると、10名ほどの団体様が怒涛の来店。すわ叫ぶのは「天ラーね!」。悲しき、いやいや、嬉しきと申しますか、自己防衛本能と幸福への欲求のなせる技であって、他の個体においてはどうということではなく詮索する気はありませんので、気になさらずに。

無駄な努力はするもんでないって。郷に入れば郷に従え。素直に受け容れましょう。(笑)

興味あるんですよ。
エビ天が入っていない姿と味。

そりゃ無粋か。(笑)

ブ〇〇クな状態に変化があるわけもないのに鏡を見て髪を触り整えているつもりが、気に入らないからと、ありとあらゆる事象に文句ばかりいう屈折したチャンネーに、「どうがんばろうと、あんたがどうしようもない、変えられない事だってある。」「変えることができない岩内ルールがあり、それに抗うことは君を不幸に導くのである。」と教えてやりたいんです。w

受け容れる。流れに逆らわない。嬉しい岩内ルールに流されて良かった。(≧▽≦)