読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じょっぴんかったか

昭和の中頃から電気炊飯器があるので「ちゃんとかましてから うるかさなかったっけ めっこになったべさ。」ということは少なくなったのかもしれません。あずましき国を探検してみればこれまた「たいしていっしょや。」と思えてしまいます。

知。

叶堂
札幌市北区北23条西8丁目3-32

変えられないものは受け入れるしかないんです。プライドなのかなぁ。たまに挑戦的なコトバを向けるのですが、決して悪い子たちじゃないんです。あんちゃんたちは、二人でモンモンと思案を巡らして一日も悩んでいたようです。先に言ってくれたら「その案件は、以前、誰がこうしてアーなってすでに結論が出ていて、無理なのよ。」と秒殺で答えてあげたのに。若さはないけれど経験はあるんだから。(笑)

そー言ったって、あのころは・・・、そうだ・・・相談する相手いなかった(笑)もんだから、自分で何とかしようとカリカリしていたっけなぁ。

そんなわけで、経験の少ない類のラーです。
厨房でいきなりブラックペッパーとは・・・・。

メニューを見ればなんだか、「トリュフ!?」おフランス料理系を意識した一杯なのかな。

なんですが、知らないことは知る努力をすればよい。だからといって、自分でどうしようもできないこともある。どうにもならないということを知ってしまったら、どうにもならないことと受け止める努力をすればいいんでないのかな。

そんな意味不明なことを考えつつ、観察の上可動域を確かめこの丼の上でバニーちゃんの耳をグギッ、ガリッとやってみたら、無事落下したブラックペッパーと隠れていた柚子の香りが相まって味わいが良くなるぞチューンだったりするんです。

無知の知ってーことです。