読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じょっぴんかったか

昭和の中頃から電気炊飯器があるので「ちゃんとかましてから うるかさなかったっけ めっこになったべさ。」ということは少なくなったのかもしれません。あずましき国を探検してみればこれまた「たいしていっしょや。」と思えてしまいます。

チューン。

うどん

丸亀製麺

盆と正月と同じくらい、国民行事になりつつあるガールズグループの人気投票で一喜一憂できるなんて、なんてしあわせなご時世なんだろうと思うのです。「どの子もかわいらしいから、誰が一位になってもいーんじゃないの?え?順位に同意できない?そりゃオバサン目線と投票する方の見る目は違うんでないのかい。」と、自ら地雷を踏んでしまうこともあります。

地雷を踏まないよう、限定メニューを外して「カレーうどん」。

天カス。ネギマシ。生姜ON!
カレーといったら、醤油。
この"だし醤油"旨いなぁ〜。

生まれ育ったルーカレーが食卓テーブルに載った場合、その具材とチューン方法で年代はわかりそうなもので、
肉が、豚・牛・クジラベーコン・魚肉ソーセージ。
くるっと一周するのが、ブルドックのウスターソースキッコーマンの醬油か否か。

クジラベーコンが入っていたカレーに醤油をかけるカレーライスが好きだったなあ。
昭和は遠くに有りて思うものです。

その辺に牛は闊歩していましたが、牛肉って、平成になって初めて食ったかもしれない。(笑)

この万能的醤油。ネットで探してみよう。