じょっぴんかったか

昭和の中頃から電気炊飯器があるので「ちゃんとかましてから うるかさなかったっけ めっこになったべさ。」ということは少なくなったのかもしれません。あずましき国を探検してみればこれまた「たいしていっしょや。」と思えてしまいます。

報告。

らーめん侘助
札幌市東区北21条東16-2-29

早いもので2015年も半年が終わりましたね。あと半年もある。といういい方があるのは合点承知の助で、アベノミクスはどこへやら。これもまた風物詩みたいなもので、売れないとき=報告書が増えるの法則がやってきました。(-。−;)

そうは云っても、それ以上の事態でヨーロッパはデフォルトだと騒いでおります。銀行の窓口が閉まったらどうなることでしょう。自分でお金を発行できない悲しさ。

ネガティブな話ですが、個人消費を当てにした右肩上がりのGDPという指標はもう無理なんじゃないのかという御高説はもっともなんじゃないかと思う次第です。生産年齢人口の減少。生産=消費。人口の年齢構成はザックリと見れば逆三角形で、生産年齢人口を超えた高齢者と括られるお金持ちの方たちが多く、働き盛りの方(=消費する)たちは、円高だ円安だと変化する雇用情勢に振り回されお金持ちにはなれない(=消費できない)。あるいは、そんな現状を受け止め「個」の人生を刹那的に謳歌しよう(もちろんそれだけが理由ではありませんが)という方たちもたくさんいらっしゃる結果、家族制度は崩壊し少子化なんだろうという側面は否めないんだろうと思います。

とはいえ、たくさんの紙幣を自分で発行できる国にいることに感謝しなければいけません。

美味しいラーメンがあることに感謝しなければいけません。

隣じゃ、「係長が、この七味以外は、もうダメになった。」と大層お気に入りになったと上長のコトバをネタに雑談を交わすあんちゃんたちがいらっしゃいます。

きっと彼らも「報告書」に振り回されているんだろうなぁ。(デキスギくんみたいな顔しているから関係ないか(笑))

そんなわけで、「いつもながらこの一杯は、満足度大の旨さ。」であることを報告書に書くことにします。

なんのこっちゃ。(笑)