読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じょっぴんかったか

昭和の中頃から電気炊飯器があるので「ちゃんとかましてから うるかさなかったっけ めっこになったべさ。」ということは少なくなったのかもしれません。あずましき国を探検してみればこれまた「たいしていっしょや。」と思えてしまいます。

郷。

ノンジャンル

ドライブインみさき
虻田郡豊浦町字高岡48-4

広い店内を回す母さんのヘアスタイルの盛り上がりは、マラソンに詳しいおじさんの微妙な額の広さの違いにも似て偽装かと思うのは野暮ってものです。野暮ったい思いはエアコンの利いていない店内で汗と共に流し、郷に入れば郷に従えです。
うに丼(2,100円)を回避してホタテ丼。
直径4センチはありそうなホタテの貝柱をフライにして、これでもかと言わんばかりに甘しょっぱい汁の大海原に浸されたゴハン。

上品な懐石料理にはお目にかかったこともほとんどないのですが、この感じ。これくらいでなきゃダメでしょ。それがまた、食べ進むと違和感なく思えてくるから不思議なんだな。

高速道路でお金をかけて、この街に時間通り到着。

アポはあっても、予定通りか、偶然か?
お孫さんの来訪で、ココロここに非ず。!?そんなこともあるか。(笑)

ベタなぎ。たくさんホタテいるんだべな。噴火湾・ソロソラミミ。?

大らかさというのか、このいい加減さも、甘しょっぱさも好い加減なのかもしれません。(笑)(笑)