じょっぴんかったか

昭和の中頃から電気炊飯器があるので「ちゃんとかましてから うるかさなかったっけ めっこになったべさ。」ということは少なくなったのかもしれません。あずましき国を探検してみればこれまた「たいしていっしょや。」と思えてしまいます。

公共心。

さっぽろ純連 北31条店
札幌市東区北31条東1-1-8

王子様王女様を伴ったご家族連れ、走り回ることは無いにしろ、よくもまあ順番を待っているもので、サーブされたかと思えば、ごゆっくりの会食。

凄い人気。

店内に並んでいるだけがお客さんでなくって、「ほ〜らそろそだよ。」という言葉をPで待機している方々もたくさんいらっしゃるから、侮ることなかれ。無線通信での案内は、回転寿しトリトンだけかと思ったら、個々人のケータイ技があるってことです。

電電公社を民営化して幾久しく、ジーコジーコとダイヤルを回していたエボナイト製の黒電話は小型化し、有線から無線。しかも、世界とつながっていると来た。日本国有鉄道も民営化。郵政民営化。いいことも多々ありますが、ネット社会じゃ個人情報保護ははあって無いようなもので、JR北海道は安全管理に問題が・・・、どんな改革にも功と罪、表があれば裏もあるってことです。

裏表のない旨さです。THE サッポロの一つでしょう。
ちなみに、「みそバターコーン麺」がレギュラーメニュー。!(笑)

なんですが、ラーメンはただのラーメン好きやラヲタのためにあるんでなくって、外食?ラーメンどう?イイネ?的なごくフツーのファミリー、カップル、サラリーマンなどの一般の方たちのためにあるんです。

混んでいるんだから、さっさと食え。食ったらすぐ帰れ。なんていう粗野な考えは、決して穏やかな公共心ではないということを、ポポポポポーンと知るのです。