じょっぴんかったか

昭和の中頃から電気炊飯器があるので「ちゃんとかましてから うるかさなかったっけ めっこになったべさ。」ということは少なくなったのかもしれません。あずましき国を探検してみればこれまた「たいしていっしょや。」と思えてしまいます。

懐。

山岡家 東雁来店
札幌市東区東雁来7条1-4-19

素直にカミングアウトすればいいのに、「ヤマオカ」といえばシニカルに抵抗を見せるのが作法なんでしょうか?(笑)無理に連れていけば「♬クッセになる味ぃ〜・・」 と笑顔を見せるあたりは「王様は裸」だと言ってしまう少年のようで面白かったりします。

最近は完ツユをご遠慮申し上げているんですが、アブラ多め、クーポンのチャーシュートッピングの醤油ラー。しばらくたって、蓮華でスープをすするさまを指摘され「油分と水分が混濁し乳化が始まったマイルドなスープの加減にも味わいがあるんだよ。」といえば、「化学ってこんなところにも生きているんですね。」(@ ̄Д ̄@;)

そんな楽しみ方を素直に喜んでくれる若者に、「旭川に行こうが、北見に行こうが、遠軽に行こうが、君の赴任先には山岡家さんが待っていてくれる。」幸多かれと祈る次第です。

周りの空気に合わせ「いやー、あのにおいが・・・」なんてくだらない前置きでグジグジしていないで I LOVE YAMAOKA ! と公言する。それくらいの懐の深い若者に出会うこともあります。

紙一重で僕より出世するタイプです。(笑)