じょっぴんかったか

昭和の中頃から電気炊飯器があるので「ちゃんとかましてから うるかさなかったっけ めっこになったべさ。」ということは少なくなったのかもしれません。あずましき国を探検してみればこれまた「たいしていっしょや。」と思えてしまいます。

盛り上がる。

大鵬
夕張郡栗山町桜丘1丁目28-34

この辺に来たからには、汗だくであろうと失意であろうと素通りできないんです。いつもながらのよくてきぱきと動く清潔な厨房と店内。客商売ってーやつはこうでなくっちゃいけない姿の一つがここにはあります。

父さんが、「何にします。」と聞くので「味噌。麺スクナメでお願いできますか?」
「あいよ、子供ラーメン味噌ね。」「・・・・?」いつの間にかオーダーが返還されるのもスピードラーンニングで鍛えた成果なのかもしれません。

あれれ?コーンです。どうせなら、「バター」もトッピングして「味噌バターコーン(スクナメ)ラーメン」にしてしまえばよかった。(笑)

自転車イベントでリタイヤ。回収車を待つ間、しばしネイティブとラーメン談義。「来たからには外しちゃだめですよ。」というありがたいお告げにしたがっていかった。

ニンニクの香、味噌が生きるスープ。程よい茹で加減の麺。流石、地域ナンバーワン。ナンバーワンができると、追いつき追い越せとライバルが生まれ切磋琢磨する。街が盛り上がる。

そらち旨いもの三昧のイベント+大鵬さんのラーメン。

間違いなく、自分のお腹が盛り上がっています。