読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じょっぴんかったか

昭和の中頃から電気炊飯器があるので「ちゃんとかましてから うるかさなかったっけ めっこになったべさ。」ということは少なくなったのかもしれません。あずましき国を探検してみればこれまた「たいしていっしょや。」と思えてしまいます。

想定外。

ラーメン 北区

山岡家 太平店
札幌市北区太平五条1-1-8

前日の話だけで確認した前提条件が見事に覆され、自分の思う常識は、今のご時世まったく通用せずプロは素人と化し、技術はさておき、情報伝達手段としての口元からは、平然とセオリーから外れたことをのたまうのです。

そんな朝から想定外の事象に出くわし、ココロ穏やかにならぬまま限定の「極豚」に突入です。

なんてのか、太った人がうれしそうに作る食べ物はおいしく感じるものです。他意はありません。他意は。(笑)
厨房を見ると、小鍋に何かを加え火にかけ混ぜ混ぜしていました。
でもって出てきたのは「どろ〜ん」とした、無人飛行機ならぬ汁なしラーメン風の一杯。こうなりゃ、ぐちゃっと混ぜちまって・・・もちろんヤマオカ風味を感じますが、「限定」は「限定」なわけでそれでいいんだと思ういっぱいでした。

あたしとて、それなりにヤマオカヤさんのデフォの醤油を愛し、限定も必ず押さえている方だと思っていました。こう来るとはもちろん想定外の一杯でした。

まだまだ、知見も想像力も未熟なただの素人だということです。