じょっぴんかったか

昭和の中頃から電気炊飯器があるので「ちゃんとかましてから うるかさなかったっけ めっこになったべさ。」ということは少なくなったのかもしれません。あずましき国を探検してみればこれまた「たいしていっしょや。」と思えてしまいます。

自覚。

サラセン人の麦
江別市新栄台6-2

有名アーチストの結婚に一喜一憂し、結婚という意味では同じなのに打ち消された感のあるお笑いタレントの立場はどうなるのか今後の展開が楽しみです。
ニッポンは一夫一婦制なわけで、内臓脂肪をため込む「倹約遺伝子」を他人種より2〜4倍多いらしいモンゴロイドが、歳とお腹の肉を重ねれば、おっさんはAKBのおねいちゃんの恋愛対象にはなれず、おばちゃんもジャニーズの恋愛対象にはなれないわけです。(笑)
別な世界で起きてることだから、関係ないんです。落ち込む?まあ、めでたいことだから、祝ってあげましょうや。

写真は悪いですが、新そばです。

本当は、昨日は蕎麦打ちするつもりだったんです。

プロの蕎麦は、それはそれで満足のいくものです。
別な次元に身を置いていると自覚しつつも、間違いなくあるんだけれど、その境界線がどこにあるのか自問自答することなどなく、ポワ〜ンとしながらも、柚子胡椒の香と刺激に目を覚ましながらすする蕎麦もこれまた、ココロのゆとりを楽しむってことでいんでないのかい。