読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じょっぴんかったか

昭和の中頃から電気炊飯器があるので「ちゃんとかましてから うるかさなかったっけ めっこになったべさ。」ということは少なくなったのかもしれません。あずましき国を探検してみればこれまた「たいしていっしょや。」と思えてしまいます。

懐。

続八条庵
札幌市西区西野七条3-1-23

人の行いはあいまいでグレーゾーンなことも多々あることです。コンプライアンスやら内部統制というやつはもちろん大事だろうということは理解できます。「監査」というのは現実の世界に引き戻してやろうといろいろ話したところで、うなずきつつ、答えを出すわけでもなく話をすり替える技を見事なまでに身に着けた人間の役割なんだろうと思うのです。(笑)

グレーに見える蕎麦です。

店先の張り紙で、しばらくお休みだったことを知りますが、腰の曲がり具合はそのままの母さんが少ない油でこまめにひっくり返す天ぷら作りは変わっていないようです。

なんですが、これだけ太くて固い田舎蕎麦にだって真実はあり、同じものを作ろうとしたところで、日によって出来上がりは多少は違うだろうに・・・だからと言って、標準化ができていないとして指摘するほどの愚か者でもないわけで、そんなあいまいなところに身を置き、楽しむくらいが丁度いい。

THE田舎蕎麦の一つであろうことは間違いなく、ファンも多数いらっしゃることでしょう。たまにはインパクトのある蕎麦もいいもんです。自分的には「たまに」でいいです。(笑)

揚げ物天国にアタックしてみたい。

にしても「気に入らねえ・・・。」奴の私生活を暴いて、白日の下に・・・。嘘です。彼は彼の役割ですから、それでいいんです。それくらいの懐の大きさは持ち合わせているつもりです。