読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じょっぴんかったか

昭和の中頃から電気炊飯器があるので「ちゃんとかましてから うるかさなかったっけ めっこになったべさ。」ということは少なくなったのかもしれません。あずましき国を探検してみればこれまた「たいしていっしょや。」と思えてしまいます。

青。

御食事処あおば
勇払郡安平町追分若草3-278

快晴です。この通りには避けて通れない・・・「定休日」・・・、でもっても少し行けば「定休日」・・・。足して二で割る的な位置関係に存在しているドライブイン。

この辺りは牧歌的でいいんです。でも、ドライブしているのはトラックのアンチャンといけ好かないオッサンのようです。

光あるところ影あり
光となるか影となるかは、相対的に一対の関係性なわけで、時の支配者がそれを定めるものだと思います。従来は「善」もしくは「フツー」あるいは「どちらでもない」という存在であったところで、時に「悪」なる。

目立たず騒がず、そんな処世術もあっていいんだろうと思う今日この頃です。

工業団地には、無機質な色相ではなく「青い」空と僕の間に、「寄って来なさい。よばれなさい。」と言わんばかりのホッカイドーのオバチャン的工場直売の「白い」ソフトクリームが映えた秋の一日も無事に終わりそうです。