じょっぴんかったか

昭和の中頃から電気炊飯器があるので「ちゃんとかましてから うるかさなかったっけ めっこになったべさ。」ということは少なくなったのかもしれません。あずましき国を探検してみればこれまた「たいしていっしょや。」と思えてしまいます。

地産地消。

渚のしらべ
虻田郡豊浦町字浜町地先海浜地 天然豊浦温泉しおさい

昼時にターバンの如きタオルを頭に巻いた母さんもきっと仏教徒であろうと浅はかなプロファイルを試みる昼時で、信教の自由が保証されている日本は、なんとおおらかで許容を知ったゆる〜い感性の民族であることをありがたいと思います。

そんなわけで「少しお手伝いするくらいならいーっすよ。」と答えたのが運の尽き、「じゃ、夕方まで居てくれるんでしょ。よろしく!」\(*`∧´)/

まあいいじゃないですか。プリップリのホタテ
歯に挟まる貝柱が、地産地消。

段取りの悪さとテキトーさも地産地消。(笑) 
ホタテ中華飯の事ではありません)

ホッカイドーはホタテ王国。違う港だけれど、レジ袋にいっぱいのホタテを両手に持って帰ってきた義父もまた元気にならないかな。

ざっくりとみんな、ほどほどに幸せならそれでいいか。(笑)