読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じょっぴんかったか

昭和の中頃から電気炊飯器があるので「ちゃんとかましてから うるかさなかったっけ めっこになったべさ。」ということは少なくなったのかもしれません。あずましき国を探検してみればこれまた「たいしていっしょや。」と思えてしまいます。

循環。

板そば なみ喜
札幌市北区北二十四条西13-2-1

もうすぐ平成27年も終わりで、疲れ切った週末。帰宅すれば大海原を泳いでいただろう「めじか」が小さな家にたどり着いていたりします。ありがとうございます。やはり、冬は冬。慣習は慣習で同じパターンで人が消費行動を行えば、外的要因の変化はあろうとも、デフレという大きな波に飲み込まれずに済みそうな気がします。
当たり前ですが、仕手株やら〇✖ファンドやら、アラブの王様たちの投資先やら、エライ方の関心があるところと自分の関心があるところの乖離は如何ともしがたく、酒疲れ、気疲れで迎えた週末です。

空気が読めない某氏が「板そば」とつぶやいたのが結論です。

「板そば」を外して、かしわ蕎麦。(笑)

これはこれで、柔らかい鶏肉で十分旨いです。

人気者なのです。願わくは、特定のところに行列ができるのも歓迎すべきことですが、行列ができなくとも十分すぎるくらい頑張っているお店もあるんです。真の循環は富の分配で、極端に片寄ることで生まれる心模様は、嫉み妬みなどの暗黒面かもしれません。フォースがともにあらんことを祈り、ココロ穏やかに2016年を乗り切りたいものです。そんなことを考えるのは、鬼が笑うくらい早すぎかったでしょうか。(笑)