じょっぴんかったか

昭和の中頃から電気炊飯器があるので「ちゃんとかましてから うるかさなかったっけ めっこになったべさ。」ということは少なくなったのかもしれません。あずましき国を探検してみればこれまた「たいしていっしょや。」と思えてしまいます。

法則。

味の中一
札幌市東区苗穂町3丁目4番27号

北海道観光は「味は一流・・・」と言われます。何も炙らなくっても十分おいしいのですが、パフォーマンスが大切なんでしょう。仕方ないので、カニの身を盛るとき、おねいちゃんに”ヨイショ、ヨイショ、ヨイショ”とヨイショしてあげるのも大人の嗜みでしょうから付き合ってあげることにします。(笑)
そんな昨日はカレーの日だったようで、「昼どこ行ったんすか。?」「カレー食って来たわ。」「ココイチすか。?」「いやいや、ナカイチ。」「何すか?オヤジギャグっすか。(笑)」

さしあたり、このお店のパフォーマンスといったら淡々とオーダーをこなす厨房だったりするわけで、清潔な調理衣、父さんが小気味よく中華鍋をあおる姿。昔からそうやっておいしいラーメンやカレーを出してくれていたんだろうと思います。

奇をてらうことないルーカレー。辛さの調整もない。それでいい。それがいい。
1067?幅の鉄路に乗せられ、揺られ揺られて運ばれた貨物。長旅の末たどり着いたであろう苗穂。物流拠点が東札幌大谷地へと移ったところで、ランチ暗黒街で根を張り働く男たちに愛され生き続ける姿こそナイスなパフォーマンスだと思うのです。

ヨイショ、ヨイショ、ヨイショ

「ラーメンがうまい店はカレーも旨い。」自分的法則です。