読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じょっぴんかったか

昭和の中頃から電気炊飯器があるので「ちゃんとかましてから うるかさなかったっけ めっこになったべさ。」ということは少なくなったのかもしれません。あずましき国を探検してみればこれまた「たいしていっしょや。」と思えてしまいます。

平穏。

ラーメン秀峯
札幌市北区篠路3条6-1-8

目の前には切られるのを待つ煮豚チャーシューの塊がドドンと置かれ、一つくらい持って帰ってもわかりそうもなさげですが、まあまあ、これからも平穏無事な社会生活を営みたいタイプですからやめときます。
鼻歌交じりの元気な父さん。出前の電話。たくさんのマンガ本。灰皿。まあまあ、街の定食屋さんてな感じですが、レトロな感じも好きです。

中央にナルトが鎮座し時計回りに極旨チャーシュー、キクラゲ、メンマとネギパラです。

なんの変哲もないようなミソラーですが、どことなく千歳の一平さん風の味噌味。このタイプけっこう好きです。

次回はチャーシューメンにしてみようと思うのです。