読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じょっぴんかったか

昭和の中頃から電気炊飯器があるので「ちゃんとかましてから うるかさなかったっけ めっこになったべさ。」ということは少なくなったのかもしれません。あずましき国を探検してみればこれまた「たいしていっしょや。」と思えてしまいます。

約束。

ラーメン 東区

らーめん侘助
札幌市東区北21条東16-2-29

この週末、カラダを動かすこともせず、とある資格の更新レポート作成。まあそれは其れでなんとなくやり遂げましたが、一昨日受験申込をした資格の過去問を入手しパラパラっと捲ってみると、聞いてはいましたが、やはり戦意喪失。(笑)

失うものが有ったものですから、得るものが無くてはいけないのでラーメンです。

ながら勉強で耳が向かう先はTVに行ってしまうのですが、マイナス金利政策。政治家のスキャンダル。挙句の果ては、ドメスティックな話で、親子で合意したであろう家庭内のゲーム機使用時間制限の約束を破ったのでゲーム機を破壊した親に「虐待」だとか「自主性」がどうだとか否定する意見があるようです。
いったいどうなってしまったものか、「権利」は「義務」を負い、「自由」の対義語はこの場合「束縛」なんでしょう。大小問わずどんな集団にも何らかの束縛を伴う約束事はあり、それを守るといった前提で動いているはずなんですが、「虐待」だそうです。(笑)

十分まともな「教育」だと思うんだがなあ。

なぜそうした発想になってしまうのか、先人たちが築き上げた「武士道」あたりに垣間見るこの国の背筋を伸ばしたオトナの矜持というか価値観は、戦後教育でおかしくなっちまって、ごくごく小さな集団である家庭内の約束事の顛末にまで異を唱える始末。
面倒くさい話ですみません。「オメーにはそんなこと語る資格はない。」ってか。(笑)

過去問を開けば、数式や約束事の多いこと、多いこと。数式や約束事減らしたら楽だけど、それじゃ資格にならないしな。(笑)
難易度の高い資格試験合格なんていうところにたどり着けないけれど、この一杯にはたどり着ける。それがいいか。

いろんなところにあるファミリー中華という存在も「なんでもある。」といったあたりで家族が集えば各々が選択できるのがいいという意味はあります。
でもね、ここの担々麺は別物で旨いもんです。お好みですが、添えられた檸檬をキュッと絞ったら、これまた酸味が熱の作用でうま味に変わるあたりのチューンを楽しむのは自分の約束事で、いわずもがなの旨さです。是非お試しください。