読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じょっぴんかったか

昭和の中頃から電気炊飯器があるので「ちゃんとかましてから うるかさなかったっけ めっこになったべさ。」ということは少なくなったのかもしれません。あずましき国を探検してみればこれまた「たいしていっしょや。」と思えてしまいます。

新。

そば ほし乃家
札幌市西区西町北12丁目7-10 北友ビル1F

わからないことは覚えればいいわけで、たまたま、周りにいる人より何らかの事柄を知っていたからと言って、謙虚でいることが必要なんだろうと思うわけです。
なんだか知らねえけれど、利益追求をする集団は、「ついでにこれも受け持ってちょーだい。」という押しつけという名の指示を行い、結果が悪ければ「約束を破った。」という事になり責任問題です。(・・;)
一方で単一の職務を委ねられた閑職は、見方を変えればその道に関してはスペシャリストで、その狭い範囲の中で自由を謳歌しているなんてことありますわな。(失礼)でもって、スペシャリストは「あの書類が整っていない。」と、眉間に皺寄せ目を吊り上げ、たいそうご立腹で怒り心頭。そのまま定時退社。おいおい。教えてくれよん。

そんなばかばかしいやりきれない思いを抱えた夕方。

その前には未知との遭遇。鶏ハラミ。

いいよ、いい。!コリコリもちもちの新食感。プリップリの貝みたいな感じ。軽く振ったコショーもよかったです。更科蕎麦によく合います。

まだまだ、知っていることより知らないことの方が多いに決まっている。
知らないことを蕎麦屋さんに学ぶ。もっと旨いタネモノあるんだろうなぁ。あれもこれもの大海原がある世の中。
前出の小さな世界に満足げなスペシャリストはこの旨さに出会えないんだろうなぁ。

旨かったなあ。ミッキーマウスの価値観が僕の周りに広がりますよう。(笑)