読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じょっぴんかったか

昭和の中頃から電気炊飯器があるので「ちゃんとかましてから うるかさなかったっけ めっこになったべさ。」ということは少なくなったのかもしれません。あずましき国を探検してみればこれまた「たいしていっしょや。」と思えてしまいます。

変化。

そば


花粉症平気? ブログネタ:花粉症平気? 参加中

一休そば イオンモール札幌発寒店
札幌市西区発寒八条12丁目1-1 イオンモール札幌発寒

マスク再びでまたお子ちゃまの間では風邪だかインフルエンザが流行っているようで、今時?の学級閉鎖があるようです。

考えても見て下さい。古来より菌類は人と共生しその時代に適応して生きるべく少しずつ形を変えているようです。予防接種だ何だとニンゲンががんばってみても、所詮は後追いでしかないわけです。見えざる数多の遺伝子の意志を感じるとともに、追いかけっこに関し「だって地球はまあるいんだもん。」とフォーリーブスが言っていたのを思い出します。けだし名言です。

そんなわけで、小腹がすいたのでちょいと蕎麦。
天かすが甘しょっぱい汁を吸ってクタクタになったところを啜るのが醍醐味なたぬきそば。蕎麦のメニューってのも世界が広いんですが、創作蕎麦というものはなかなかお目にかかることはできないもので、それが悪いということはなく形を変えずとも愛される最大公約数の成熟した食文化なんだろうと思うのです。

定番で変わらないものにこそ真実があるんです。昔から美女は八頭身で近眼と決まって居ましたが、最近は九頭身ときたもんだ。ずんぐりむっくりでネズミが怖いドラえもんの立場などないんです。春先は「どうしたの?ダイジョブ?」と気遣われ、くしゃみしたり目がかゆくならないといけないようです。中年はお腹が気になる七頭身?(笑)飲み込むのが下手になり気管にお酒が入ってはせき込み、目は老眼になると決まっています。(笑)

時代の変化をつぶさに見つめ変化が必要なところでは変わらなきゃいけないんだろうけれど、花粉症か・・・縁がないな。

変わらなくていいこともあります。(笑)