読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じょっぴんかったか

昭和の中頃から電気炊飯器があるので「ちゃんとかましてから うるかさなかったっけ めっこになったべさ。」ということは少なくなったのかもしれません。あずましき国を探検してみればこれまた「たいしていっしょや。」と思えてしまいます。

笑。

蕎麦笑み
札幌市東区本町1条9丁目3-30

あまりといいますか、ほとんどギャンブルには興味がなくなって数十年たちます。ギャンブルの仕組みの一つは"胴元が儲かる"というのが摂理であって、遊園地や動物園に行けばお金がかかるわけで、遊ばせてもらっているんだから入場料は必要でそれなりに楽しませてもらったからには何らかのフィーが必要なのが当たり前です。セイガクの頃、いいふりこいてゲーセンで少ない小遣いをインベーダーゲームに使い興じたのが懐かしい思いです。(笑)
うらぶられた心を諫めるには盛の良い蕎麦も必要なんだろうと思います。(失礼)
意外と云ったら失礼ですが、刹那な昼時の蕎麦にしてはいい感じです。

いろんなことがありまして、マイナンバーについて考えると、一つの番号で社会保険やら預金やら年金やら納税やら管理される仕組みなようで、番号だけ知りえるとなんでもOK牧場なんですね。
だからといって、声を上げようという気もあるようなないような・・・。

連綿と続く歴史の中で為政者は、いつの時代も年貢だったり租税だったり、個人的な富の所有を許しつつも、いくばくかのものを塵も積もれば山となりとして巻き上げ、其れを適正かどうかは別ですが分配する事で不満を少なくして抑え込み、体制を保とうと考えているというのも間違いのないことだと思います。そんな枠組みの中で生きながらえていられるのですが。おかげさまというのも本当のところです。

面倒くさいことはさし置いておいて、笑みあふれる毎日が自分と皆様に訪れますよう祈る次第です。