読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じょっぴんかったか

昭和の中頃から電気炊飯器があるので「ちゃんとかましてから うるかさなかったっけ めっこになったべさ。」ということは少なくなったのかもしれません。あずましき国を探検してみればこれまた「たいしていっしょや。」と思えてしまいます。

矛盾。

ラーメン 手稲区

俺の餃子房
札幌市手稲区前田6条15-5-8

人の作った組織というものは曖昧なもので、まあ人そのものが曖昧で矛盾を内包した存在なんだから、この場合はこの数字、でもってその場合はこの数字。整合性を見出せと言われても、どんな根拠でその数字を持ってくるのか理解に苦しむこともあります。そばに湯川学さんでもいて痛快に解き明かしてもらいたいもんです。(笑)
天気予報というのか気象予測は凄いですね、今日の荒れる天気を見事に予測して見せているあたりはたいしたもんだと思います。昭和の昔は、"晴れ時々曇りところにより雨"的なざっくりとしたものだったような気がします。でもごく限られたにおいては、風向き、湿度、雲の流れなどを見て見事にいい当てる爺さんがいたものです。

いい当てられるの事の一つは、辛い物を食すと汗が出る。

世の中には、フードファイターでなくって、唐辛子いっぱいの地獄系チャレンジャーも数多いらっしゃると思うのですが、ダメなんです。でも食べたいと思う時もあるんです。(笑)

辛さをマイルドに包み込むくらいのこの感じ。これくらいがいいです。
辛さ0番。汗だく。(6番まであるようです(笑))

たとえ提示された事象に矛盾を感じたところで、ストレスを感じることなく、ましてや突っ込むことなく、おおらかな気持ちで受け止めるることも公共心なんだろうなぁ。σ(^_^;)