読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じょっぴんかったか

昭和の中頃から電気炊飯器があるので「ちゃんとかましてから うるかさなかったっけ めっこになったべさ。」ということは少なくなったのかもしれません。あずましき国を探検してみればこれまた「たいしていっしょや。」と思えてしまいます。

誘導。

山嵐 Japan
札幌市東区北31条東15-1-1 イオン札幌元町

お江戸では桜が咲き春が来たんだなぁ。と思えばこの地はようやく自転車屋さんにお客さんが集まる季節です。世界地図で見ればこの小さな島国は南北に長いものでまさに温度差があるんです。
高度成長が終焉を迎え、生産年齢人口の減少は、消費年齢人口の減少なわけで、プチ贅沢を楽しませてくれた百貨店は力を失くし、なぜか価格の最後に9円をつけたスーパーの台頭。栄華はいつまでも続くわけもなく、今じゃイ〇ングループが我が世の春を謳歌しています。コンビニは自動ドアが開くたびにおいしそうなコーヒーの香りで誘惑します。でも結局購入するのはネットだったりして、大量から少量。高価格から低価格。遠くから近くへお客さんは戻ってきたものの。街の商店は大変ですわ。

オープンしたのは知っていたけれど、半年後に始めてのタイケン。

かなり、こなれたオネイチャンが迎えてくれます。

おどおどと素人すぎる店内もなかなか不安を感じるものですが、堂々過ぎる誘導も大御所の風格の所以たるものなのだろうと思うことにします。

やはり、山嵐さんは背脂。それが広く大きく伝わることが大量消費に誘導していくヒントなのかもしれないのです。