読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じょっぴんかったか

昭和の中頃から電気炊飯器があるので「ちゃんとかましてから うるかさなかったっけ めっこになったべさ。」ということは少なくなったのかもしれません。あずましき国を探検してみればこれまた「たいしていっしょや。」と思えてしまいます。

バランス。

そば 東区


自分にたりないもの ブログネタ:自分にたりないもの 参加中

更科本家
札幌市東区北三十一条東7-2-15 ウェリントンパレス3

なかなか盛り上がらない心持です。どこかおかしいのかと思いながら歯医者さんのソファで順番を待つ身はMなんだろうと思っています。そんなことでなくって、小冊子に目をやれば「歯とバランス」歯と肩こり腰痛の関係・・・なるほど、ゆがんでるわけで妙に納得。

そんなわけで、顎にやさしい蕎麦と洒落込んでみちゃったりする昼時です。蕎麦レストラン的な豊富なメニュー。こなれた感じでお客さんを回す感じもよさげで流石老舗の技。
温度、味の濃さ、麺の茹で加減、タネモノの熱々感。いいバランスを保った蕎麦っす。

エビ天4本のっかって800円!ゴージャス。

なんですが、シンメトリーでいるということも難しいこともあります。
性善説の時もあれば特定の方を性悪説で見ているときもあったりします。概ね自分の取り巻く環境は、性悪説に基づく減点法が幅を利かせ、シャコタンや竹やりマフラーは笑われるはずなのですが、善意の第三者的な発言は抹殺されます。
だからどうだということでもなく、どこかで客観性を持ち、右でもなく左でもなく、上でもなく下でもなく、平常心で見渡すことが出来る日常を送れたらいいんでないかもしれません。

面倒くさい話ですみません。

イオンの"するめそうめん"を右側次は左側へと噛もうと思ったところで、もうちょっと味コイメにして呉れりゃいいのにと左側ばかりで噛んでいるようじゃ、ゆがみは直らない。(笑)
あと何年かわからないけれど、ゆがんだ顎よ頑張れ。
何よりココロがゆがまないように、たりないバランスの片寄に気づくことが大事なんだろうということです。

体幹を左右に区分すると右側がカタメ。少し意識して右側を伸ばす努力をしようかと思う夜です。