読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じょっぴんかったか

昭和の中頃から電気炊飯器があるので「ちゃんとかましてから うるかさなかったっけ めっこになったべさ。」ということは少なくなったのかもしれません。あずましき国を探検してみればこれまた「たいしていっしょや。」と思えてしまいます。

弄。

自転車部

なかなか春めいた日が来ないものだから、外遊びもしないで暇つぶしにクロスバイクのドロハン化作戦。

スプロケ、ディレーラー交換なしの改造。
まずはシフターのフリクション化。この方の解説は素晴らしい。

これで書いてあるリア基本7段が8段対応。ついでにフロント用も同じようにチョして基本2段が3段対応。(笑)

そうそう、アマゾンで買ったもの。
・UPANBIKE マウンテンバイク ロードバイク アルミ合金製ハンドル ドロップハンドル 25.4mm
シマノSHIMANO)SL-A050 シフトレバー 右レバー7S ASLA050RA
シマノSHIMANO)SL-A050 シフトレバー 左レバー2S ASLA050LB
・TEKTRO(テクトロ) RL520 SILVER BR-TK-162
・J@G connection(ジャグコネクション) ショートリーチステム 突き出し35mm 25.4φ 軽量VELO(ベロ) ブラックアルミCNC製 ピスト ミニベロ
バーテープ EVA ブラック

ブレーキワイヤーは前のモノを使えば使えばいーっかと思えど、やっぱりうまくいかない。(カットされたケーブルが通らない。)ワイヤーくらいニッパで切れるべと思ったものの、自転車のワイヤーってけっこう手強く、あさひサイクルへ。

シマノSHIMANO)ロードブレーキケーブルセット 
・あさひ ケーブルカッター

手持ちの工具があれば何でもできるかと思ってみたはものの。結局、ケーブルカッターは如何ともしがたく購入してしまいました。(ドライバー(+・−)、六角レンチ、小さいスパナ、ニッパ、プライヤーじゃできなかった。(笑))

荒れ地を走るマウンテンバイクにロードタイヤを履かせればちょいとそこまでの街乗りクロスバイク。ドロハンにしたところで、速く走る事を目的としたロードバイクにはならないわけです。これで市内のおいしいお店はもちろんのこと、これで蕎麦屋さんだけれどラーメンが旨い小樽の伊佐美屋 本店(38?)、とりめしもラーメンも旨い 美唄しらかば茶屋(63?) あたりまでは行けちゃう・・・かな。こっちは無理か。(笑)

少しブレーキの調整が必要な感じですが、とりあえず完成ってことで。ゆる〜く楽しむ自転車もいいものです。