読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じょっぴんかったか

昭和の中頃から電気炊飯器があるので「ちゃんとかましてから うるかさなかったっけ めっこになったべさ。」ということは少なくなったのかもしれません。あずましき国を探検してみればこれまた「たいしていっしょや。」と思えてしまいます。

頑張り。

自転車部

札幌-栗沢 チャリラー紀行 80?

とりあえず、ドロハンの具合を確かめるべくシャカシャカと(嘘です。シャカ・・・シャカ・・・と休み休み。(笑))自転車です。
農村ってのは自分にとっての原風景で、原風景の中には「風」という文字が入っているくらいだから「」がないといけないのですが、行きはさえぎるものなどなく向かい風。帰りは横殴りの風。タフな闘いだった。

バイクは、タフなエンジンを積んだ二輪車
この自転車は、ヘナチョコなエンジンしか持ち合わせていない二輪車

休み休み、お子ちゃまとキャンプに行った場所。満開の菜の花畑。彼方まで続く水を張った田んぼの美しさ。田園は、たくさんの人の頑張りでできている。

のんびり自転車もいいものです。(脚力の都合上、のんびりにしかなりえませんが。(笑))

自転車を改造するより、肉体改造。肉体改造ができてからの自転車弄りにトライすべきことも教えてくれます。はははは。