じょっぴんかったか

昭和の中頃から電気炊飯器があるので「ちゃんとかましてから うるかさなかったっけ めっこになったべさ。」ということは少なくなったのかもしれません。あずましき国を探検してみればこれまた「たいしていっしょや。」と思えてしまいます。

移民。

モエレ沼公園
札幌市東区モエレ沼公園1-1

どうってことはないんですが、いい天気でしたね。同じ気温でも内地の27℃はなまら手強くあんなところに長居できゃしない小動物です。そうはいっても、住めば都ですから適応するんでしょうね。
そんなわけで、ホッカイドーの夏日をゆっくりと走ってみました。いい公園です。

アオサギがなんで”サギ”などと不名誉なネーミングなのか?
カラスという鳥はいなくて、ハシブトガラスハシボソガラスに分けられる野鳥で、忌み嫌われる所以はどこにあるのかな・・・。
モエレ沼界隈に沢山の野鳥がいるということは餌があるということで、彼らは彼女らは水遊びしているわけではないんだろうと思います。

移民から定住。そんなところに生きとし生ける者のたくましさを感じる次第です。

ホッカイドー移民四代目!?になるのかな。
何かあったらジンギスカン。何もなくてもジンギスカン。滝川の松尾。長沼のカネヒロ。それでいいじゃないですか。

JOGの後、ほろ酔い加減でジンギスカン。北の大地は、気候も炭火焼肉もおいしいんです。