読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じょっぴんかったか

昭和の中頃から電気炊飯器があるので「ちゃんとかましてから うるかさなかったっけ めっこになったべさ。」ということは少なくなったのかもしれません。あずましき国を探検してみればこれまた「たいしていっしょや。」と思えてしまいます。

隙間。

煮干しらぁめん なかじま
札幌市北区北35条西4-1-1 サトービル 1F

なんだかいろんなことがあってご無沙汰していました。
ココロは一つ。ホッカイドーには、"なかじま"さんがあります。

昭和の頃の高度成長、右肩上がりを前提とする「ニュービジネスの構築を・・・」という啓蒙活動を耳は受け入れつつも、責任は己にはなく手足の責任だという筋書きは、脳内で整理をつけようと努力してもなかなかゆるくないもので、心の隙間に何かが足りない思いを補うワンタントッピングです。

きっとそれは、朝からたいした気にすることもない、TVや新聞の占いに垣間見る「バーナム効果」にも似たような都合のよい自己保存を促す手だてなのかもしれません。

ネガティヴな心があろうと癒される一杯が待っていてくれる。

向き合う相手が変われば、素直になれる。
まあ、ある程度は偏屈なヤツであると自覚しつつ、なかなか立派なオトナにはなりきれねぇんだな。
ただ「旨いものは、旨い。」と思っていられる今は、まだマトモなところもある証拠です。ダメだ。少しだけ疲れている。(笑)