じょっぴんかったか

昭和の中頃から電気炊飯器があるので「ちゃんとかましてから うるかさなかったっけ めっこになったべさ。」ということは少なくなったのかもしれません。あずましき国を探検してみればこれまた「たいしていっしょや。」と思えてしまいます。

うれしい。

そば処 清の家
札幌市中央区南12条西8-3-21 渡辺ビル 1F

クオリティを知ることもあります。

昭和歌謡は昭和に息づいていたものです。
平成になると、リズム優先で歌詞はないがしろです。大正の頃はメディアという存在はなかっただろうし童謡とか、口伝でたおやかな日本語を駆使した歌曲が存在していたんだろうと思います。

そんなことより、「したっけ、ジンギスカンええやん。」という関西人に幸多かれと一緒に酔っぱらってしまうのも年に数日の出来事ですから、受け止めるのも良しとしましょうか。

数度しか行ったことないけれど、間違いなくいい蕎麦です。毎日こんな蕎麦。作っている方は日常でも、食べる方はその継続に頭が下がります。

お見事。ヾ(@^(∞)^@)ノ

誰でもうれしい方がいいに決まっている。たまの夏日にうれしい蕎麦。