じょっぴんかったか

昭和の中頃から電気炊飯器があるので「ちゃんとかましてから うるかさなかったっけ めっこになったべさ。」ということは少なくなったのかもしれません。あずましき国を探検してみればこれまた「たいしていっしょや。」と思えてしまいます。

工夫。

蕎麦処 更科
室蘭市中央町3丁目7-8

「今日もいい天気!」と晴天ばかりなのはサザエさん家で、長雨が去りほっと一息ついた感のある胆振地方でした。(なんまら凄かったそうです)

青空に吸い込まれるようにクルマは進み白鳥大橋の上を見れば、あらま!橋脚のはるか上に人がいる。(わき見禁止!)

コマーシャルでないですが、橋もヒトのシゴトでできている。

この蕎麦屋さんの厨房は、派手な洋服くをまとったおばちゃんたちのシゴトで回っている。煮凝りかと思いましたが寒天です。寒天でもいいんです。だって旨いんだもの。冷やしかしわ蕎麦。うれしい発明です。(*^▽^*)

あったかい日は、冷たい蕎麦を。

ついでに、冷たいソフトクリームも。

本店のお達しからの現実逃避。(笑)
そんな日もあります。もちろん、シゴトはシゴトとしてです。

忙中閑あり。寒天も糊代も工夫次第で大事ってもんです。