じょっぴんかったか

昭和の中頃から電気炊飯器があるので「ちゃんとかましてから うるかさなかったっけ めっこになったべさ。」ということは少なくなったのかもしれません。あずましき国を探検してみればこれまた「たいしていっしょや。」と思えてしまいます。

効率。

ようてい庵
虻田郡ニセコ町元町395

デフレ社会はより一層の効率化を求めます。すると、自らの身を削り労働を安く提供することで乗り切ろうと回っているんだろうと思います。どうせなら、体脂肪でも削っていられたら良いものですが、そのうち削るところがなくなったらどうするんだろうと思い悩んだところでなるようにしかならないわけで、羊蹄山辺りを徘徊しようじゃありませんか。

効率化の対極の一つには非効率な手作り感ってのもあるでしょう。
それもいいんです。それがいいんです。

当たり前ですが、家内工業ってのは非効率極まりなく、少量生産に終始するわけですから多額の利益を生み出すシステムではないはずです。

それでも、此処に来ないと食べられないかき揚げ。細かく切り分けられたイモ・ニンジン・ホタテ・・・。此処に来ないと食べられない田舎蕎麦。此処に来ないと出会えない母さんの笑顔。美味しい水。大げさに言えば唯一無二。
それでいいんでないかな。

いい加減な依頼で目的の1/3が果たせず、蕎麦屋さんを愉しむ時間ができる。美しい羊蹄山がある。

非効率な日。それもいいか。(^〜^)旨かったなぁ。(笑)