読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じょっぴんかったか

昭和の中頃から電気炊飯器があるので「ちゃんとかましてから うるかさなかったっけ めっこになったべさ。」ということは少なくなったのかもしれません。あずましき国を探検してみればこれまた「たいしていっしょや。」と思えてしまいます。

一緒。

うどん

丸亀製麺 タル鶏天ぶっかけ

何処へ行ってもこのクォリティを維持しているあたりはたいしたもので、同じシステムを導入したうどん屋さんは姿を見なくなってしまいました。
どんな仕事もパートタイマーの底力といいますか、頑張りでできているんだろうと思います

ところが最近じゃどうですか。正規だ非正規だ、党の推薦だとか無所属だとか・・・
偉い人も偉くない人も、太った人も痩せた人も、きれいなアイドルもそうじゃない人も、腹も減れば、トイレにも行くわけです。みんな一緒。
もちろん、うだつの上がらないサラリーマンにも期間限定メニューはおいしく待ち受けていてくれるんです。

ぶっかけ(冷)に鶏天、シャキッと野菜、なんてたって、檸檬をキュッと絞った後のタルタルソースを絡めて食べる鶏天との連合体は、1+1+1・・・≒10的な相乗効果を発揮し良くまとまっているものです。「個」を大事にしてシニカルに何かと他者とのまとまりを否定し、はんかくさい差別化を是とする時代に警鐘を鳴らす一杯なのかもしれません。