読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じょっぴんかったか

昭和の中頃から電気炊飯器があるので「ちゃんとかましてから うるかさなかったっけ めっこになったべさ。」ということは少なくなったのかもしれません。あずましき国を探検してみればこれまた「たいしていっしょや。」と思えてしまいます。

同じ。

とんこう
札幌市東区伏古1条3-2-12

"パフォーマンス"という言葉がリオから届く今日この頃、スポーツとは関係なくいまだこのお店のコストパフォーマンスは顕在です。チャーハン550円!

そらまあ、数多のあんかけメニューがお楽しみどころなのは知ってはいます。チョイスを間違えたわけではなくって、複雑な思いをした日はシンプルなものを欲しただけです。
なんですが、別人かと見まごう態度が役職に媚びへつらうそんなヤツにはなりたくないものです。目上も目下もなく、偉い人も偉くない人もなく、父さんは一人で入店順のオーダーに中華鍋を振るんです。多少時間がかかったところで、それでいいじゃないですか。

年配の母さんが厨房に立っておらず、タイミングよろしく皿を差し出し盆にスープとタクアンをのせるオネイサンの手持無沙汰な感じが以前と風景が異なりました。
みんな頑張って生きている。うたかたの如き人生です。所詮威張ってみても、みな同じ。謙虚が一番。お座敷小唄が沁みる夜です。