読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じょっぴんかったか

昭和の中頃から電気炊飯器があるので「ちゃんとかましてから うるかさなかったっけ めっこになったべさ。」ということは少なくなったのかもしれません。あずましき国を探検してみればこれまた「たいしていっしょや。」と思えてしまいます。

自由。

小がね そば店 海岸町店
室蘭市海岸町2-3-6
企業の設備投資が低調なものの個人消費が堅調で・・・という海の向こうじゃ利上げに走るようです。おかげで円安基調になるだろうとホッとしている方もいることでしょう。

少々薄暗い店内。
元気に背筋をの伸ばしたエビ天。( ̄▽+ ̄*)

カツ丼屋さんとして利用することがほとんどですが、たまの蕎麦もなかなかのもの蕎麦屋さんですから(笑))で、完つゆ。

ふと港に目をやると、なんまらデカイ船。一体どんな方々が利用するのでしょうか≒お金持ち。

もっともらしく、自由・博愛・平等のスローガンを掲げ、遠く英国で米国の銀行を操ります。そして操られた国から大きな海を隔てはるか離れたこの島国はいつも右往左往させられるんです。海は広いな大きいな。海で世界はつながっている。世界を操る意志とは無縁の小市民の無力さを感じつつも、自らの意志で美味しい天蕎麦を選択する自由は残っているんだなと思いながら箸をすすめるとシアワセを感ぜずにはいられません。もちろんロ〇チャ〇〇〇家やフリーメイソンには内緒です。